後悔しない為の転職

転職が頻繁に繰り返される場合は、長続きしない人だとか、何か問題があるのではないかなどというレッテルを貼られる場合が多くあります。他方ヘッドハントやキャリアアップによる転職は、自分の可能性を広げたり、やりがいを感じて人生に夢や目標を持って頑張れることにも繋がります。

【関連記事】
事務職員の求人
事務と言っても一般事務だけではありません。転職体験談はコチラからご覧ください。

何よりやらないで後悔するより、やるだけのことをやってその上での悩みや対策を考えていく人生の方がずっと良いのではないでしょうか。私も過去に転職した経験があります。それは、社会に出て初めて就職した某有名ホテルからの転職でした。

新入社員として働いていたのですが、大手で、親にはもったいと言われました。当時はバブルで博覧会なども盛んに行われていた時代でした。そのコンパニオンとして働きたくて考えた末に転職しました。

結果的にはホテルに入社して10ヶ月で退社しました。それでも特にホテルが嫌だったなどの理由ではありませんでした。たまたま入社後、知人から博覧会が翌年開催される話とそこに出展するパビリオンがコンパニオンを募集しているという話を聞き、とても興味があったため試験を受けてみたいと思い応募しました。

そして、筆記試験、面接試験など4次まであった試験を経て、800人以上の中から30名程度の中に残ったこともあり、余計に決心は固くなりました。勿論、試験に落ちたら、そのまま私の場合は何もなかったかのようにホテルに勤めていたと思います。でも、もしかしたら、また新たに何かにチャレンジしたくなって転職をしたかもしれません。

博覧会は10ヶ月ほどの短いものでしたが、一生忘れられない素晴らしい思い出になりました。今も転職して本当に良かったと思っています。その後も別の博覧会に応募し、またコンパニオンとして働くことができました。一度しかない人生、同時にいくつもの選択をすることはできません。

人それぞれ人生は様々ですが、何度か訪れる人生の岐路に立った時、後悔しない為にもやりたいことにチャレンジする人生も良いのではないでしょうか。