思わぬ収穫も?転職活動でのキーワード検索のコツ

 求人サイトを開いてみると、様々な設定で検索が出来ることが分かります。「週○日以上勤務」「土曜・日曜・祝日休み(または勤務)」「時給○○○円以上」など、自分の好みや状況に合わせて希望条件にあてはまる求人をピックアップすることが可能です。


 しかし、自分の中の思い込みやこだわりで職種を狭めてしまうと、理想とする求人に出会えていない可能性もありえまあす。例えば、デスクワークを希望する方が「事務」で検索したとします。このキーワードに対して「一般事務」「営業事務」「経理事務」など様々な求人がヒットすることになりますが、「会計担当」「庶務担当」「営業補助」といった名称で求人を出している場合にはヒットしないため、他の多くの求人に埋もれてしまっているかもしれません。
  

 また、そういった求人は目につきにくい分競争率が低く、穴場であるかもしれませんよね。


 また、必ずしも事務にこだわっているわけではないが得意のパソコンを活かしたい。休日は出来ればカレンダー通りに取りたいという希望だった時には、「データ入力」「カウンター業務」「コールセンター」等の一部別の業務も兼ねるが、パソコンが得意な人が重宝されるような求人が見落とされる恐れがあります。



【おすすめ記事】
ニートの就職活動
ニートを脱出し、就職するための戦略とは?


東京新聞(TOKYO Web)


 是非検索の際には「自宅に近いところ」「希望通りの休日が取れるところ」「これまでの経験が活かせる職種のところ」など、色々な方面から探してみてください。そうしているうちに度々目にする会社名があったとしたら、それが比較的理想に近い条件と言えます。その際は是非詳細を確認の上、先方と連絡を取ってみてください。

Categories: 就職情報