転職をするときのベストなタイミングについて

転職にかかる時間について

 仕事を変えようと転職者の方が思ってから、次の就職先を探すまでにかけている時間は、意外とまちまちです。若い時期などのキャリアがあまり形成されていない時期での転職は就職先を見つけるまでが非常に短く、逆にキャリアが高くいろんな経験や役職を担っている人にとっては長くなります。それは、仕事をすぐに辞めることができないという経験を積んでいる転職者のジレンマでもあります。しかしながら、責任の大きな仕事を担当している人が転職する際には、もちろん同様の責任の重いポジションを担当することになるため、企業側も時間的な制約があることは承知しているものです。

転職活動を始めるベストな時期とは?

 では、転職活動を始めるのはいつが良いのでしょうか。それは若手の人もベテランの人も同様に、仕事を辞める1~3ヵ月前の間が良いでしょう。それは、仕事の引継ぎがしっかりできて、後任の担当者にしっかりバトンタッチができる時期だからということが大きな理由です。そして、転職先を見つけてから入社するまでには大体それくらいの期間がかかりますから、時間差なく転職ができるのに最適なのが1~3ヵ月なのです。なるべく無職の期間を作らないことが転職には必要ですから、仕事をしながら転職活動をするが良いでしょう。

Categories: 転職情報