転職準備は職務経歴書に注力しましょう

ある転職に関する記事を最初に、2014年2月24日に掲載された以下のコラムをご紹介します。

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:転職市場では、「素顔美人」がもてはやされる時代が近づいている – Business Media 誠 http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1402/24/news041.html

ここから垣間見えてくるのは、「転職活動の活発化」です。終身雇用制が崩壊してやむなく転職していた時代から、スキルアップのひとつとして積極的な転職活動が行われる時代へと変遷したといえます。転職に対する社会の偏見は亡くなった分、競争がより厳しいものとなっています。

写真添付がない履歴書や、雑な字でいかにも何10枚と書いたうちの1枚のように見えるような履歴書は、驚かれると思いますが実際に多いです。こういうのは間違いなく面接にもたどり着きませんので、履歴書代・切手代の無駄と思います。履歴書をきちんと作成できないような人材を企業がとるわけがありません。「履歴書」はきちんと書けて当たり前です。

コラムでも書かれていますが、実際面接に呼ぶ人材というのは「職務経歴書」で今は決まっています。この作成をきちんとすれば少なくとも面接にはたどり着けるはずです。中には、テキストで2~3枚作成するような方もいますが、コラムにもあるように人海戦術になっていますので、長文を読んでいる暇は企業にはありません。

注目情報
第二新卒の転職
第二新卒者の転職方法とは

ではどういう職務経歴書が好まれるのでしょうか。少なくとも今のビジネスシーンで必須のスキルは、プレゼンテーション能力です。プレゼンテーション資料を作成するように色鮮やかに内容がわかりやすいように構成し、1~2枚で簡潔に作成するとよいでしょう。

Categories: 就職情報